早くて悪いことはない?

テストが近く全く書けておりません。

日記として使いたかったのですが、なかなか書き込みができませんでした笑

 

 

ところで、私事とはなりますが、今年の3月ごろから左下肢痛に悩まされております。

 

左臀部から大腿の前側、膝のあたりにかけて安静時痛などを伴い、最初は腸脛靭帯や大腿筋膜張筋の影響だと思い、ストレッチなどをしていました。しかし、痛みは引かず、寝れないときもありました。

 

 

そしてつい先日、ふと自分の足に違和感を覚え、触診をしてみました。

反張膝(back knee)という、膝関節が膝裏のほうへ角に伸展し、逆くの字に見えるという症状ですが、歩行の際に左右さを感じ、ストレッチや触診をしたところ、左足の大腿四頭筋ハムストリングス腓腹筋などが右に比べ萎縮していました。そのため、左足の可動域が広がり、はたまた大腿四頭筋などの萎縮により、反張膝を起こしたと考えられます。

 

私は、こんなことをいうのもあれですが、スケートや野球をやっていたため、太ももは人より筋肉が多く、その影響で腰痛などを発症したこともありました。なので私からするとかなりショックで、驚きを隠せませんでした。

 

まだ病院へのほうには行けておりません。近々行こうと思っていますが、腰のあたりにしこりのようなものがあり、筋や脂肪なのか、はたまた腫瘍なのかわかっておりません。ただ原因は腰からくるものだと思います。

 

 

ヘルニアや、脊柱管狭窄症など考えられることはたくさんありますが、私が今日言いたかったことは、「異常を感じたら病院へ」ということです。

 

「遅かった」「もう少し早ければ」と後悔するのもいいですが、良いことはありません。QOL(生活の質)を維持し、楽しく日々を過ごすには、異常というものは悪影響となってしまうかもしれません。

 

何か気になることがあればお早めに!

参考に疼痛に関するサイトのほうも載せておきます!

 

toutsu.jp

 

toutsu.jp